転職の履歴書の書き方と面接のコツ について

転職の面接を突破するためのコツ,履歴書の書き方のコツ,転職の失敗の理由,履歴書を入れる封筒の宛名や住所の書き方,自己PRの書き方のポイント,転職の目的,面接で「退職理由」を聞かれた場合の対応の仕方,好感を持たれる質問,面接の前の準備,転職先での人間関係の築き方,転職の履歴書の書き方と面接のコツ,最新情報を紹介しています。


最新記事

転職の面接を突破するためのコツ

また、転職の面接の重要な目的として、履歴書や職務経歴書などの応募書類の内容のチェックがあります。

ですので、面接における質問内容は、履歴書や職務経歴書に書かれてある内容から出てきますから、面接で話す内容には一貫性が求められるのは当然です。

もし、書類に書いてあるものと別の趣旨の話をした場合、面接官に、書いたことが思いつきか、思いつきで話しているのか、と思われても仕方ありません。

もしも、複数の応募書類を複数の会社に送っているのであれば、会社ごとにコピーをとっておいて、面接の前日までに職務経歴書の内容を完全に自分のものにしておくことことをおすすめします。


あとは、あなたの人としての魅力や可能性を見ることになります。

ほとんどの面接官にとって、クセの強い人は、敬遠したくなる存在であり、アピールする力が強ければ強いほど、クセがある人物だと思われる可能性があります。

転職の面接のコツとしては、自分はこんなにすごいということを表現するよりも、本当に自分の経験やスキルを正確にきっちりと説明できて、コミュニケーションスキルがあり、人間としても問題がないということをアピールするのが一番自然な形だと思います。



履歴書の書き方のコツ

 その他、転職の際の履歴書の書き方のコツの代表的なものを、以下にいくつか挙げます。

・記入ミス・記入漏れがないことは基本中の基本ですので、書いた後はきちんとチェックすること。

・「志望動機欄」「本人希望記入欄」は、特に自己アピール度が高い欄です。
記入の際は、入社の意欲が伝わるように、ありきたりの表現は避け、オリジナリティを感じさせる表現を工夫し、自分の言葉で丁寧に。

・できるだけ空欄を残さない。書ける限りのことを正確に書くことで、熱意が伝わりやすい。

・字はできるだけ丁寧に書きましょう。
字がキレイなことに越したことはありませんが、たとえ字に自信がなくても、楷書で丁寧に書かれていれば、それだけでも誠実な印象を受けるものです。


また、「履歴書の書き方」とは直接関係はありませんが、履歴書は写真も重要です。

目線はカメラ目線で、きちんとした服装で写したものを用意しましょう。


激安通販ショップ レア商品 予約

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

転職の履歴書の書き方と面接のコツをMy Yahoo!で購読する
転職の履歴書の書き方と面接のコツをGoogle readerで購読する
転職の履歴書の書き方と面接のコツをlivedoor Readerで購読する
転職の履歴書の書き方と面接のコツをはてなRSSで購読する

パーツ