自己PRの書き方のポイント①

ここでは、自己PRの書き方の大切なポイントをご紹介する。

その会社に受かる職務経歴書の重要なポイントは、自己分析をしてPR文を書くことである。

とくに、大切なポイントは、論理性、具体性、オリジナリティ、成功体験、自分の強みと弱みを書くの5点である。

自己PRの書き方のポイント


それぞれ具体的にご紹介する。

(1)論理性

自己PRを結論にする

→理由が文章上で流れになっているか、間違いがなくわかりやすい文章になっているかなどがポイントである。


(2)具体性

抽象的な書き方は厳禁である。

その会社で働く姿を相手によりリアルに持たせることのできる内容がよいだろう。

自己PRの書き方のポイント②

(3)オリジナリティ

具体的なエピソードが他人と比較して特別なものであるかどうかが大切である。

そういったものがない場合で体験がごく普通であったとしても、その体験の水準が高いことをわかりやすく説明できるエピソードを添えましょう。


(4)成功体験

自分が今までの仕事の中で成し遂げた「成果」のプロセスを書きましょう。

そのプロセスで使用した「力」や「方法」が転職先の企業でも使えると思われるような文章が書けるといいでしょう。


(5)自分の強みと弱みを書く

自分の強みは全てアピールするべきである。

しかしながら、自分の弱みについてしっかりとコメントできる人はほとんどいないので、しっかりと自分の弱みも明記するのが重要なポイントである。

弱みを書くことはとても勇気がいるが、弱みのない人間はいないのである。

自己PRの書き方 実例集

関連エントリー

転職の履歴書の書き方と面接のコツ TOP >  転職 履歴書の書き方のポイント  >  自己PRの書き方のポイント

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

転職の履歴書の書き方と面接のコツをMy Yahoo!で購読する
転職の履歴書の書き方と面接のコツをGoogle readerで購読する
転職の履歴書の書き方と面接のコツをlivedoor Readerで購読する
転職の履歴書の書き方と面接のコツをはてなRSSで購読する

パーツ